女性

治療で治せる疾病|摂食障害や癌治療について

女性ならかかる可能性が

病院

卵巣がんは40代から50代後半に多く見られる病気で、自覚症状があらわれにくく早期発見がしづらい病気です。卵巣がんは一つの原因がありそれで防ぐことができるものではないですが、リスクとして遺伝と排卵回数の多さがあります。

詳しく見る

食の欧米化で増えたがん

男性

胆管がんは肝臓と十二指腸をつなぐ管で、最近増えています。その原因は食生活が欧米化したことです。予防するには脂っこいものや甘いものを避け、海草類や根菜類などを多く摂取することです。胆管がんの症状は尿が濃くなり、便が白っぽくなるという特徴があります。また右脇腹に痛みを感じる場合もあります。

詳しく見る

関連サイトを見る

  • 漢方e-クリニック

    自然療法を使うことで潰瘍性大腸炎を改善することも可能。最適な漢方薬を紹介してくれるサイトを参考にしてみよう。

女性に多い精神疾患とは

案内

精神疾患と呼ばれる病気の中にはいろいろなものがありますが、中でも女性に多いとされているのが過食症や拒食症などの摂食障害です。一般的に仕事や家庭などで過度のストレスがかかることで引き起こされるこの症状、放っておくと日常生活にも支障を来すことがあるので注意が必要です。こうした過食症や拒食症の患者の多くはその症状を繰り返し摂食障害に陥っていきます。過度のダイエットなどにより食事がのどを通らなくなる拒食症、そして過度の食事によってストレスを発散する過食症、どちらも度を超してしまうと命の危険を及ぼすことにもなっていくのです。こうした摂食障害の兆候が少しでも現れているという場合にはできるだけ早く対処していく必要があります。

拒食症や過食症などの摂食障害は精神的な面でのサポートが不可欠です。そのため、治療に関してはその専門家である精神科や心療内科を利用することになります。精神を安定させる薬を処方したり、あるいは定期的にカウンセリングを行うことによって症状の改善をはかっていくのです。さらに、こうした摂食障害の治療には家族のサポートが欠かせません。過食や拒食を無理に抑え込むのではなく、あくまで患者本人が不安に思っている摂食障害の原因を取り覗いていくようにするのです。もちろん、中にはそれが難しいという人もいますが、治療の中で自身の病状、性格を把握していくことで少しずつ病状は改善していくものなのです。こうした摂食障害の治療は早いに越したことはありません。少しでも気になる点がある人は早急な行動を心掛けるようにしましょう。

活性化してがんを治療

女性

各種免疫細胞を活性化してがんを治療する方法のことを、免疫細胞療法と言います。具体的には、がん患者から取り出した免疫細胞を増殖させ、がん細胞の情報を与えて活性化し、がんを撃退するのです。実際に免疫細胞療法を受ける場合は、免疫細胞療法に取り組んでいる病院を探す必要があります。

詳しく見る